PSEマークについて

2019年2月1日よりモバイルバッテリーが電気用品安全法の規制対象となりました。 1年前のモバイルバッテリー規制対象化の発表を受け、以降の製造分よりcheeroのモバイルバッテリーにもPSEマークを印字しております。
2月1日より正式に規制対象となり、PSEマーク無しのモバイルバッテリーは日本国内で販売できなくなりましたが、 cheero製品は以前から電安法が定める設計基準を満たした上で、厳しい自主検査も行っており、 PSEマークの無い製品とマーク付きの製品で品質や仕様に大きな差異はございません。
PSEマークが印字されていないcheero製品をお持ちの方につきましても、どうぞ引き続き安心してご利用くださいませ。

cheeroの「安全・安心」への取り組みについて

いまや生活必需品として欠かせないモバイルバッテリーですが、事故が多発していることも事実です。
cheeroはお客様に安心して製品をご利用いただくため、2011年のPowerPlus初期モデル発売以降、安全性の確保を目指して、各種保護機能の動作確認、釘刺し試験、温度測定、難燃性確認など、様々な取り組みを続けて参りました。
耐火試験の動画と元に、その取り組みについてご紹介いたします。

cheeroの安全への取り組み

OEM・ODM 開発

ダンボーシリーズやイングレスバッテリー、ポケモンケーブルのような、金型から設計する通電製品のOEM・ODM開発のご相談もお請けしております。

OEM・ODM 開発 詳細へ

小ロットプリント

既存のcheero製品への名入れによるノベルティや記念品の製作、版権ものの印刷による二次販売など、広く、企業さま個人のお客さまにご利用いただいています。

詳細(専用サイト)へ